金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

不況の影響もあってか、自宅にある金製品を現金

不況の影響もあってか、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、それをビジネスチャンスと見てか、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。

例えば18金なら、大体3500円ほどになります。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かは普段意識することがないでしょう。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

理由としては、市場規模の小ささに加え、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを無視できないでしょう。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価値を形作っているというわけですね。

昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、複数のお店の情報を見比べてみましょう。

貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。

店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るというところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。

最近数が増えてきた金買取ですが、その中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。

中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。

主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。

最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。