読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

初めて金買取を利用してみようと

初めて金買取を利用してみようと思っている方は、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。

でも、買取額は一概には言えません。

金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。

そのため、少しでも高い金額で売却することを望むなら、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことに努力を捧げてもいいと思います。

金やプラチナ製のアクセサリーは、かつては気に入って使っていても、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。

でも、ここで落とし穴があります。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

そのようなケースでは、泣き寝入りするしかないですね。

長年身に付けていない貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。

しかし、どこの店舗に持っていくかによって買取金額は大きく違ってくるので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、慎重に店を選びましょう。

高価な品物であればあるほど、そのぶん買取額の差も大きなものになります。

ですので、店の選択には注意しましょう。

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は法律や都道府県の条例の定めに従い、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

加えて、未成年と取引するのは危険なので、店が独自に制限を課している場合があり、20歳未満は少なくとも一人では買取を利用できません。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者(主に親)が署名した同意書の持参は絶対に必要です。

それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。