金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金を買ったはいいが、どうやって保管す

金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。

普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。

自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、安心安全を求め、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。

しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも解決法としてアリでしょうね。

金に限った話ではないですが、古物買取においては、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、郵送買取など、直接店に行かないケースでも同様です。

免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることで法律の要件を満たすことになります。

ショップやネットなどの金買取の市場では、本当に多くの種類のアイテムを売却することができます。

「金の買取」などと言うと、何百万円もする高級品を連想する人が多いでしょうが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

メガネや金歯などもその一例です。

金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。

最たるものが金でしょう。

今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。

国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。

全世界で普遍的な価値を有していることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。

とはいえ、相場の変動も当然あるので、念のため、買取を利用する前に、ネットなどで金相場を把握しておくのが無難です。

金買取では売る側にも責任が生じます。

そのため、18歳未満は、古物営業法青少年健全育成条例に基づき、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。

未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、18歳を過ぎていても未成年であれば買取を断られることが多いようです。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。