金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

未だ記憶に新しいリーマンショック。そ

未だ記憶に新しいリーマンショック

それからここ数年で、ゆっくりとではありますが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。

最近ではさらに、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、預金の引き出し制限も発動されました。

この出来事もまた、リーマンショックと並んで、市場での金の価格が上がる切っ掛けとなったと推測されます。

金やプラチナなどの貴金属製品の売却時には、考えておかねばならない点があるのです。

金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、店舗ごとの基準によって、最終的な買取価格は全く異なるという点です。

買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店に売却するかじっくり検討してください。

金買取がメジャーになってきていますが、前に私も買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。

それまでそういうお店とは縁がなかったため、買取してもらうお店をすぐには決められず、ひとまずネットで情報を集めてみました。

そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その内の一店舗を利用することにしました。

専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

ショップやネットなどの金買取の市場では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。

金というといかにも富豪の趣味という気がして、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などにばかり考えが至りがちですが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。

意外なところではメガネなどです。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などだって値段をつけてもらえるのです。