金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取がブームですね。古いネックレスを買取ショ

金買取がブームですね。

古いネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

ニセモノの金でなければ、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%という印です。

もちろん、この純度が何%であるかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。

そこで、よく見聞きするのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。

ここで注意しなければならないのは、金を売っている場所や、その購入手段です。

金の購入をご検討されている方は、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。

信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも本物だという信頼があるので大丈夫です。

ここ数年、金の市場価値が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

インゴットなどの地金を売却した際の利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば実質的には税金は課されないということです。

ずっと前から使わなくなってしまった貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって価格は変わるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、高額買取している店を探してみるのが吉ですね。

一点だけならともかく、いくつも売る場合は、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、事前の情報収集は欠かせません。