金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近数が増えてきた金買取ですが、その中

最近数が増えてきた金買取ですが、その中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。

中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。

金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。

少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、はっきり断って追い帰すようにしてください。

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式も必ず身分証の提示が必要です。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。

郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で必要な手続きに変えるというのが普通です。

最近流行りの金買取ショップでは、多種多様な品物を現金化することができるのです。

一般に、金買取という言葉からは、何百万円もする高級品を連想する人が多いでしょうが、高級品だけが金買取の対象ではありません。

金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。

金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、本物の金でないことはすぐにわかります。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、そういう電話は初めてだったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

色々と聴いてみたら、貴金属製品で今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、利用してみてもいいかなと思いました。