読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

今の金相場はグラム5000円くらいで

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

それは24金、すなわち純金の話です。

純度によって額は下がります。

例えば18金なら、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

金製品を売却したいと思っても、良い買取店を見極める方法で初めての方はよく迷うようです。

わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのはすべてのお客さんが思うことでしょう。

初めての方が注目するべきは、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。

口コミでの人気が高ければ、買取に不備がなく、信用が置けるお店であると言えます。

初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。

最近問題になっている事件についてお伝えします。

自宅に業者がやってきて、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、いわゆる「訪問購入」による被害が増えているようで、法規制も行われています。

最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、断ろうとすると、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。

後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。

金の買取を業者に依頼するにあたって留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。

できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、その日その日の相場を把握した上で、最適のタイミングで買取に出しましょう。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるケースが普通です。

相場の確認を欠かさず、最も高い時期に手放しましょう。

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。