金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近流行りの金買取ショップでは、意外なほど様々な種類の

最近流行りの金買取ショップでは、意外なほど様々な種類のものに値段をつけてもらえます。

金というといかにも富豪の趣味という気がして、投資目的の地金を連想する人が多いでしょうが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。

意外なところではメガネなどです。

形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などだって値段をつけてもらえるのです。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、金の純度を示す刻印を見てください。

ニセモノの金でなければ、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%という印です。

純度が高いか低いかにより、専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

十年以上にわたって使用していない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属がある人は多くいるようです。

知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、お店で買取を依頼するのも有力な選択肢ですね。

「高価買取」などの看板を掲げたお店もあちらこちらにありますので、実際にその品物が何円くらいになるのかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。

日常の生活の範囲内にも、貴金属と同様に扱われる金製品が案外多いものです。

金歯はその一例と言えるでしょう。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。

ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入が入ってくることが見込めるので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは迷わず買取に出してしまいましょう。