読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、金買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。

いわく、手持ちの宝飾品や貴金属でもう要らない商品を買い取ってくれるという内容でした。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

ここのところ、金相場の高騰に伴って、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金 買取」などのワードで検索をかけると、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。

原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店が独自に制限を課している場合があり、18歳を過ぎていても未成年であれば少なくとも一人では買取を利用できません。

たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、法定代理人である親が書いた同意書を求められるのが普通です。

消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。

このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。