金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショック以降、一般の人々からも金買取の需要

リーマンショック以降、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、流行に乗るようにして、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。

お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。

利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。

依頼してもいないのに自宅にやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。

買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、なかなか首を縦に振らない人には、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。

このような業者は詐欺も同然であり、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

手元の金製品を処分したいといっても、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。

その時は、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。

ネットで個人情報などを登録すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。

その到着後、電話やメールなどで査定額の提示があるので、金額に同意の返事をしたら、買取代金が振り込まれます。

これならどこに居ても利用できますね。

貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。

大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。

お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。

しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも良い方法だと思います。

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。

買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、その店が本当に信用できるのかどうかを厳しくチェックしてください。

ちょっとでも悪評判が付いている店は利用しないほうがいいでしょう。

買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。