読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取が今流行りですね。近年では、多くの店舗や業者が

金の買取が今流行りですね。

近年では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を看板に掲げています。

中でも有力なのが、リサイクルショップですね。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるお店が最近は多いようです。

鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。

家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。

貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物の買取を受け付けてくれます。

「金の買取」などと言うと、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。

金歯などは典型的な例でしょう。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯でも買い取ってくれる場合が多いです。

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。

手持ちの金を買取してもらうときに、結果を左右するのは純度というわけです。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、相場というか、現実に何円くらいの価格での買取が見込めるのかという見積を事前に立てられることです。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

金の国際価格はドルで表されています。

それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。

金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、適正価格での買取が行われているのか判るようになっておけば怖いものなしですね。

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。

金の購入時には、もちろん消費税も課されるのですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をすると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。