読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近、金の価値が上がっていま

最近、金の価値が上がっています。

金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

一般に流通している金製品には、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だと思えばほぼ間違いありません。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で市場価値は変わってくるということです。

金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。

特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。

金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。

こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。

詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。

中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法青少年健全育成条例に基づき、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店が独自に制限を課している場合があり、成人しない内は、単独では利用できないのが一般的でしょう。

未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参は絶対に必要です。

それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金製の指輪やネックレス、イヤリングなどというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

貴金属買取のお店はたくさんありますが、サイトやチラシで買取額を調べ、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、色々と見て比べてみるといいでしょう。

店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、よく調べて、有利な店を探してください。

金の買取を掲げている店舗では、多種多様な品物の買取を受け付けてくれます。

金製品を買い取るなどと言われると、投資目的の地金を連想する人が多いでしょうが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。

金歯などは典型的な例でしょう。

形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などだって値段をつけてもらえるのです。