金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金に限った話ではないですが、買取は

金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。

お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

金の買取は、古物の取引になるので、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、ネットを通じて郵送で買取を進める場合でも同様です。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示する必要があります。

商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、身分証の写しと合わせての発送で法律の要件を満たすことになります。

もう要らなくなった金やプラチナの装飾品があったら、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。

でも、それぞれのお店で価格は変わるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、高額買取している店を探してみるのが吉ですね。

一点だけならともかく、いくつも売る場合は、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。

買取ショップが街に溢れる昨今。

初めて金買取をしてもらう場合は、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の買取価格は相場によって変動するものです。

貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。

そういうカラクリになっているので、少しでも高値で売却することを望むなら、毎日の金相場をネットなどで確認して、価値が上がるタイミングを見計らうことに努力を捧げてもいいと思います。

要らなくなった金のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金というのが一定の目安になります。

純度が高いか低いかにより、買取額は大きく変動してきます。