読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

長年身に付けていない指輪などの金製品を持

長年身に付けていない指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。

ただし、同じ量の金でも店によって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、慎重に店を選びましょう。

売却する品物の総量が多ければ、買取総額はかなり変わってきますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。

金の買取を利用する際には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、ネットを通じて郵送で買取を進める場合でも、やはり本人確認は必要です。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。

直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどというケースが割と多いようです。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドだという証です。

プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。

よく見聞きするのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。

自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、実際にその金をどこで購入するかです。

金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、贋物の心配などと無縁で済みます。

先日、祖母が鬼籍に入り、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

今まで金の買取は利用した経験がなく、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。

私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、店も明るい感じで緊張しませんでした。

買取額も十分納得できるもので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。