金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者

貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限があるのが当たり前です。

そのため、未成年の人は買取を利用できないことになります。

僅かながら、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。

消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。

金を購入する際には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。

このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売ることでも同様に利益を上げられる可能性があります。

中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法青少年健全育成条例に基づき、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。

加えて、未成年と取引するのは危険なので、お店にもそれぞれの決まりがあり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、買取を断られることが多いようです。

たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。

金を買取に出そうと考えたとき、多くの方が思い浮かべるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、一人で入るのは勇気が要るという方も一定数いるでしょう。

そんな人もご安心下さい。

デパートで買取を実施する場合があるのです。

催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

タンスの奥に仕舞いっぱなしのプラチナや金製の指輪などの装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。

そうした品物をお持ちの方は、買取ショップへの持込みをオススメします。

金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも街頭、ネット問わず多いですから、手持ちの金製品がいくらになるかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。