読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

要らなくなった金のネックレスをおカ

要らなくなった金のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

市場において金の純度を証明するため、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%と解釈してください。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。

便利な金買取ですが、一部では悪質な詐欺の事例も存在しています。

特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。

呼んでもいないのに自宅を訪れ、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。

最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。

弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。

金の買取は、古物の取引になるので、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式にも同じように本人確認が求められます。

買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で法律の要件を満たすことになります。

原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、単独で買取サービスを利用することができません。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店が独自に制限を課している場合があり、20歳未満は単独では利用できないのが一般的でしょう。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、容易に真贋を判別できるのです。