読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

手持ちの金製品を買取に出すとしても、良い買取店を

手持ちの金製品を買取に出すとしても、良い買取店を見極める方法で最初は迷うものですよね。

どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは利用客としては当たり前の話です。

いいお店を選ぶ時の要点は、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。

多くのお客さんから高く評価されているお店なら、それだけ買取に満足だったケースが多いことを示しており、参考になります。

最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は責任を取れないので、法律の規定によりお店に行っても買取してもらえないのが原則です。

さらに、法律の趣旨を拡張する形で、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、20歳未満は少なくとも一人では買取を利用できません。

また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。

相場よりも高い金額で金を買い取るなどと言うからお店に行ってみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で買取に応じてしまった、などという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。

誠実なお店ならよいのですが、一部では残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

どうにも腹の虫がおさまらないという方は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。

ここ数年、金の市場価値が上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。

金を売ったら、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

インゴットなどの地金を売却した際の利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら実質的には税金は課されないということです。

金の買取を利用する際には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。

従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも同様です。

公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示する必要があります。

商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで確認に変えるのが一般的です。