読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどの売却

今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどの売却時には、留意すべき点があるのです。

同量の金を買取に出す場合でも、持ち込む店舗により、最終的な買取価格は大きく変わってくることです。

そのため、事前にホームページなどで情報収集し、どの店に売却するか熟慮して判断するべきでしょう。

そこのお店で売却すればいい値段になるという宣伝を信じて買取を利用してみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で無理やり売却させられてしまったなどの話はネットを見ていても散見されます。

最近増えてきた買取ショップの中には、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、よく見極めたうえで利用しないといけません。

こうした被害に遭ってしまった時には次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上を超えるような量というと600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、そういう電話は初めてだったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

その業者によれば、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

数万円程度の買取額を得た程度なら、金の買取で課税されることなどないでしょう。

金買取を行っている業者のほうは、動いているお金が個人とは段違いですので、しっかり利益を計上し、多額の税金を納めていることと思います。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、お店の人に確認してみることで不安を払拭しておきましょう。