読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の相場が上がっている近頃は、不

金の相場が上がっている近頃は、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の広告や看板が街に溢れています。

WEB上でも、「金 買取」などのワードで検索をかけると、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。

リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、市場の拡大に合わせて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。

お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。

買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。

今、金の値段が高騰しているのは確かですが、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは得策ではありません。

それがどうしてかというと、景気の変化などにより、貴金属は価値に大きな変動が生じやすいためです。

こういった理由から、金の相場変動に敏感になり、最適のタイミングで買取を依頼することを意識するといいでしょう。

金の買取を利用する際には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも同様です。

公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。

郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送を求められる場合が多いですね。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

ニセモノの金でなければ、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金という印です。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。