読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中で

昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、表向きの買取額が高くても、買取の対価として実際に手元に入る金額は随分減らされてしまうのです。

上手いこと騙されてるような気がしますね。

せっかくの買取で後悔しないように、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。

金の買取は、古物の取引になるので、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。

買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも、やはり本人確認は必要です。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などを提示する必要があります。

商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、免許証などをコピーして同封することで法律の要件を満たすことになります。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、どんなによくできた偽物でも、容易に真贋を判別できるのです。

手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、候補に挙がってくるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。

そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、どうしても信用しきれないという人も多くいるのではないでしょうか。

そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。

デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。

デパートならば信用もあるということで、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかは知っていますか?一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

百年ほど前は今よりもっと顕著でした。

それには、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を形作っているというわけですね。