金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金には色々な種類があります。種

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、金の純度が100%未満であれば、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。

金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。

買取業者が自宅までやって来て、強引に金製品の売却を迫るケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。

買取価格が通常に比べて異様に低かったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないと覚えておいてください。

悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

未だ記憶に新しいリーマンショック

それからこの頃までに、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。

さらに、これも記憶に新しいことですが、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

リーマンショックに続き、この経済破綻も買取市場における金の価格が上昇する要因となったと推測されます。

長年使っていない貴金属のネックレスや指輪などの処分に困っている方もいるかもしれません。

そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

貴金属買取のお店はたくさんありますが、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、一番高く売れるのはどこか、比較検討するのが賢いやり方です。

鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、情報は隅々まで目を通しましょう。

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。

刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。

すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。