読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取にも色々な方式がありますが、

買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。

このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。

お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間や地域の制約を受けることもなく、お店に行く時間がないという方から好評を得ています。

タンスの奥に仕舞いっぱなしのプラチナや金製の指輪などの装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。

ただ捨てるだけではしのびないという方は、お店で買取を依頼するのを考えてみてはどうでしょう。

金・プラチナの高額買取をウリにした店も街頭、ネット問わず多いですから、手持ちの金製品がいくらになるか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。

貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。

そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。

自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、やはり自宅保管では心配なので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。

とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら思い切って専門店に売却して現金化するのも解決法としてアリでしょうね。

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をすることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段を付けてもらえるのか見込額を知ることだと思います。

品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。

よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判断できるようになっておくといいでしょう。