金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けな

お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければならないのは、金の相場をちゃんと知っておくことです。

安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、毎日変動する相場を入念にチェックし、買取のタイミングを決めるべきです。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるケースが普通です。

入念に相場をチェックして、最も高い時期に手放しましょう。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、金買取の話はこれまでになかったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

電話の人が説明してくれたところによると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、処分を検討している品物があれば高額買取で引き取ってくれるということなのです。

丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。

買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを取る店もあります。

金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。

こうした費用を有料にしている店舗では、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は少なくなります。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

買取を利用する際には、事前にこのあたりを確認しておきましょう。

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった指輪やネックレスなどの金製品を自宅のどこかに仕舞んでいませんか?ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。

金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、どこが一番高値を付けてくれるか複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトのバリエーションがあります。

金を売りたいなら、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。