金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近は、ネットを通じ、郵送で

最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。

実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかる店もあります。

どこも様々な工夫を凝らしているのですね。

直接お店に行かない形式の買取でも、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。

出来る限り高い値を付けてもらうには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。

買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が引かれないところも多いですから、店舗選びの際の参考にできます。

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、第一に思いつく選択肢は、金買取の専門店や、質屋などだと思います。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が私の周りにも多くいます。

そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。

催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。

専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

要らなくなった金のアクセサリー等を買取に出す際は、考えておかねばならない点があるのです。

金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、利用する店舗や業者により、最終的な買取価格は全く異なるという点です。

WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、お店選びを色々な情報を総動員して判断しましょう。

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。

すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。

専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印無しでも全て買取してもらえました。

やはり行ってよかったです。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトのバリエーションがあります。

手持ちの金を買取してもらうときに、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。