読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金製の指輪やネックレスなどは、

金製の指輪やネックレスなどは、昔もらったものでも、ブームが過ぎてしまったなどで長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。

家にそういうものがあれば、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。

注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

そういう事態に直面してしまったら、運が悪かったと思って諦めることです。

お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければならないのは、金の相場をちゃんと知っておくことです。

安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を欠かさずチェックして、最も得する時を狙って売却するのです。

申し込む時の相場によって、買取価格が決まるのが一般的といえます。

上手く相場の波に乗り、高値で売れるようになれば一人前です。

リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、昔から使われている試金石検査という方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

それなりの額、例えば200万円を超えるような量というと550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。