金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、使わなくな

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、憤りを抑えられない方も当然多いです。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、第一に思いつく選択肢は、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。

そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、どうしても信用しきれないという人が私の周りにも多くいます。

そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

デパートならば信用もあるということで、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だと思えばほぼ間違いありません。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

金やプラチナなどの貴金属製品を買取に出す際は、以下の内容を頭に入れておいてください。

金の価値は相場でも変わる上、どの店舗を利用するかで、買取額や手数料などの諸条件がピンキリだということなのです。

なので、事前にホームページなどで情報収集し、損しない売却先はどこか、よく検討して判断する必要があります。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、容易に真贋を判別できるのです。