金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近、金の価値が上がっています。金製のネックレスを買

最近、金の価値が上がっています。

金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、金の純度を示す刻印を見てください。

金製品にはほぼ必ず、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントというのが一定の目安になります。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

買取店であれば、日々多くの金製品を売り買いしていますので、所得額の申告を行い、多額の税金を納めていることと思います。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくといいかもしれません。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。

刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。

すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。

金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、生活圏内には買取店がないこともあります。

そんな方は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。

WEB上で簡単に申し込みできます。

まず、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。

しばらくして、買取額を通知するメールなどが届きますから、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。