読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金には色々な種類があります。種類を決めているのは

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなど、数字が24以下になります。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトのバリエーションがあります。

ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。

よほど大量の取引をしていない限り、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

お店のほうでは、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、納税しています。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるのもいいでしょう。

身につけなくなって久しい貴金属のネックレスや指輪などの処分に困っている方もいるかもしれません。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

買取ショップは非常に多くなっているので、公開されている参考買取額をもとに、どこが一番高値を付けてくれるか見比べて選びましょう。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報収集を怠らないことが肝要です。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、どんなによくできた偽物でも、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、かつては気に入って使っていても、時代遅れのデザインだったりして処分を検討している人もいるでしょう。

そうしたアイテムをお持ちの方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。

しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。

本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。

買取に行ってそういうことになったら、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。