読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取をめぐる詐欺や類似の事

金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。

買取業者が自宅を訪問し、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、断ろうとすると、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。

このような業者は詐欺も同然であり、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。

少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどの話は昔からよく聞かれます。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。

金製品を売却したいと思っても、一番肝心なお店選びの段階で最初は迷うものですよね。

少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは当然ですよね。

売却するお店を決める時に役立つのは、実際に利用した人からのレビューなどです。

口コミでの人気が高ければ、お客さんからの満足度が高いと見ていいでしょう。

初心者の方でも当てにできる指標になりますね。

昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを取る店もあります。

金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。

高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、色々な名目で買取額が減額されて、最終的に受け取る現金の額が少なくなります。

上手いこと騙されてるような気がしますね。

後から損した気分にならないためにも、この点を確認しておくことをお勧めします。