金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

この前、金買取の業者からウチ

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、まずは話を聴いてみることにしたのです。

いわく、貴金属製品で今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。

もちろん、両者は別物です。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドだという証です。

ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

それは24金、すなわち純金の話です。

純度によって額は下がります。

例えば18金なら、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金は、重さで言えば600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。

鑑定料、手数料などといった諸費用を取る店もあります。

金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。

高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、当然、そのぶん買取の対価として実際に手元に入る金額は随分減らされてしまうのです。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

買取を利用する際には、事前にこのあたりを確認しておきましょう。

お手持ちの金製品を売却したい方は、買取ショップに売りたいものを直接持っていくのが最も一般的な方法ではないかと思います。

プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、適正価格で見積を出してくれますから、初めての人でも安心して利用できます。

どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれる店舗も多いですので、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。

初めての方でも安心ですね。