読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

今、金の値段が高騰しているのは確かですが、価値

今、金の値段が高騰しているのは確かですが、価値が高い内に急いで売ろうというのは正直、正解とは言えないのです。

何と言っても、貴金属は買取時の値段に大きな変動が生じやすいためです。

そのため、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、丁度いい時を狙って売ることこそが、買取で得をするカギとなります。

リーマンショックギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、原則としては、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかからないということになります。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

専門に金買取を扱う業者などだと、売買で動くお金も莫大ですから、その利益に応じて結構高い税金を課せられているでしょう。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみることで不安を払拭しておきましょう。

そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で無理やり売却させられてしまったなどの話はネットを見ていても散見されます。

最近増えてきた買取ショップの中には、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、十分気を付けなければなりません。

自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。