読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

そこのお店で売却すればいい値段になるなどと言うからお店

そこのお店で売却すればいい値段になるなどと言うからお店に行ってみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で言いくるめるように買取を進められてしまったといったケースはよく耳にするところです。

金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よく見極めたうえで利用しないといけません。

こうした被害に遭ってしまった時には警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと色々な種類があるのです。

金製品の価値を測る上で、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

いわく、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、処分を検討している品物があれば買い取ってくれるという内容でした。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、利用してみてもいいかなと思いました。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

長年身に付けていない貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、複数のお店の情報を比較検討してなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。

売却する品物の総量が多ければ、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、それだけお店の選択が重要になるのです。