金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近はブランド物を持っている子供も多いですが

最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は古物営業法という法律の定めるところにより、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、お店にもそれぞれの決まりがあり、成人しない内は、売却できないのが通例です。

たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。

金の買取を利用する際には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式も必ず身分証の提示が必要です。

公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。

直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで法律の要件を満たすことになります。

ここのところ、金相場の高騰に伴って、金やプラチナの高価買取の広告や看板が街に溢れています。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金 買取」などのワードで検索をかけると、大変多くの店が出てくるので驚きます。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

一口に投資といっても対象は色々あります。

金に代表される貴金属はその典型です。

今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。

高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。

金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。

そうは言っても、全く変わらないわけではないので、実際に買取に持ち込むなら、事前に金の相場に大きな動きがないか確認することをオススメします。

金製品をどこよりも高く買い取れるという宣伝を信じて買取を利用してみたら、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で金を手放してしまったという話はネットを見ていても散見されます。

多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

どうにも腹の虫がおさまらないという方は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。