読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の相場価格はネットでも簡単

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

それは24金、すなわち純金の話です。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上を超えるような量というと大体570グラムといったところでしょうか。

近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

買取価格には自信があります、とネットで広告が出ていたから利用してみたのに、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で言いくるめるように買取を進められてしまったといった「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。

金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

こうした被害に遭ってしまった時には警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどというケースが割と多いようです。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料も考慮すると割に合わないので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印無しでも全て買取してもらえました。

やはり行ってよかったです。

金製品の買取をしてもらう際には、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込む形が基本であるといえます。

目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、適正価格で見積を出してくれますから、不安要素はありません。

利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けているケースが最近は多いですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で買取してもらうことが可能なのです。