金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

近頃は、多くのお店で金買取を取り

近頃は、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、昔より利用を検討しやすくなりました。

相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、他と比較検討しないままお店を決めたら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るというところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなど、数字が24以下になります。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトのバリエーションがあります。

金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、そういう電話は初めてだったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

電話の人が説明してくれたところによると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、今は使っていないものがあったら高値で買取してくれるというのです。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、試しに査定してもらうことにしました。

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

一口に投資といっても対象は色々あります。

昔からその代表といえば金です。

金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。

通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。

金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、金が投資対象として魅力的である一因です。

しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、今、金相場が下がっていないか、一度チェックすることをオススメします。