読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

よほど大量の取引をしていない限

よほど大量の取引をしていない限り、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。

買取店であれば、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、納税しています。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。

指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、かつては気に入って使っていても、時代遅れのデザインだったりして何年も使わずじまいという方も多いと思います。

捨てるのもしのびないという人は、お近くの金買取店で売却することもできます。

注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。

金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。

そういう事態に直面してしまったら、泣き寝入りするしかないですね。

中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法律や都道府県の条例の定めに従い、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

加えて、未成年と取引するのは危険なので、お店にもそれぞれの決まりがあり、成人しない内は、売却できないのが通例です。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者(主に親)が署名した同意書の持参は絶対に必要です。

それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、そういう電話は初めてだったので、続きを聞いてみたくなりました。

いわく、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、もう要らない商品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、試しに査定してもらうことにしました。

最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店ではトラブルを避けるため、年齢制限が原則としてあります。

よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるケースが大半だと思われます。

もっとも、沢山あるお店の中には、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。

また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。