金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取がブームですね。古いネックレスが買

金買取がブームですね。

古いネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。

金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金と解釈してください。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

金買取といっても様々な形式があります。

今、少しずつ流行り出しているのは、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。

どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、数日で査定結果が出るのを待ちます。

買取額の通知を受けたら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットで24時間いつでも申し込めるので、店に行く時間がなかなか取れない人には嬉しいですね。

普段意識しないことですが、我々の周囲には金の加工品が結構たくさんあったりします。

中でも金歯はよく知られていると思います。

こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。

豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。

数千円から一万円程度のお小遣いにありつける可能性が高いですから、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。

御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。

純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。

買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、ネットを通じて郵送で買取を進める場合でも同様です。

免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることを求められる場合が多いですね。