金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

消費税が5%から8%に上がったのは

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。

金の購入時には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、買った金を買取店に持って行って売ると、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーノルウェースウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーをずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

心当たりのある方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。

主な買取対象といえば金ですね。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取となればそれより若干安くはなるものの、だとしても十分、思った以上の値段の臨時収入が期待できます。

貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物に値段をつけてもらえます。

金製品を買い取るなどと言われると、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品を連想する人が多いでしょうが、高級品だけが金買取の対象ではありません。

金歯などは典型的な例でしょう。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。

リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。

すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。

比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上となると、その重さは単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。