読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取の世界には、業者の方から個人宅

金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、しつこく金を買い取ろうとしてくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

金買取といっても様々な形式があります。

今、少しずつ流行り出しているのは、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。

これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、数日で査定結果が出るのを待ちます。

買取額の通知を受けたら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。

店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットで24時間いつでも申し込めるので、お店に行く時間がないという方を対象としたサービスといえるでしょう。

身につけなくなって久しい金製の指輪やネックレス、イヤリングなどの処分に困っている方もいるかもしれません。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、一番高く売れるのはどこか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報は隅々まで目を通しましょう。

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今では全然身に付けていないという金製品をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。

心当たりのある方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。

最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額の臨時収入が期待できます。

今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを専門店で買取してもらうにも、事前に考えておかねばならない点があるのです。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、持ち込む店舗により、最終的な買取価格はそれぞれ異なっていることです。

ですから、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、どの店に売却するかよく検討して判断する必要があります。