読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔もらったけど今ではもう使っていないような指輪や

昔もらったけど今ではもう使っていないような指輪やネックレスなどの金製品を持て余している人は案外多いようです。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

買取ショップは非常に多くなっているので、サイトやチラシで買取額を調べ、どこが一番高値を付けてくれるか複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、よく調べて、有利な店を探してください。

日常の生活の範囲内にも、金でできていたり、一部に金が使われている製品があちらこちらに存在しています。

例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。

数千円から一万円程度のお小遣いをゲットできるチャンスですし、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、迷わず買取に出してしまいましょう。

世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、今までの間に、やや遅めのペースながら、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。

さらに、これも記憶に新しいことですが、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出しにストップが掛けられました。

こうした事態もまた、買取市場における金の価格が上昇する要因であると言えるでしょう。

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。

すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。

純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印無しでも全て買取してもらえました。

やはり行ってよかったです。

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と変化します。

金製品の価値を測る上で、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。