金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

相場よりも高い金額で金を買い取るなんて言葉を鵜

相場よりも高い金額で金を買い取るなんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で無理やり売却させられてしまったなどの経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。

金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。

どうにも腹の虫がおさまらないという方は、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

純金でなければ当然それより安い額になります。

一例として、18金(純度75%)ならば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上に達するには、必要な量は大体570グラムといったところでしょうか。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば実質的には税金は課されないということです。

リーマンショック以降、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、流行に乗るようにして、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

金以外の金属が入っている場合(合金)なら、「18金(18K)」などの表現になります。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと様々に色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。