金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

家のタンスなどに眠ったままの貴金属が

家のタンスなどに眠ったままの貴金属があれば、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。

でも、それぞれのお店で価格は変わるので、複数のお店の情報を比較検討して慎重に店を選びましょう。

たくさんの商品を売る場合は特に、そのぶん買取額の差も大きなものになります。

ですので、事前の情報収集は欠かせません。

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、実に多くのお店が金の買取をしていますから、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。

相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、慌てて売るのはよくありません。

手数料などのシステムも店舗によりけりなので、他と比較検討しないままお店を決めたら、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。

なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。

よほど大量の取引をしていない限り、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

専門に金買取を扱う業者などだと、動いているお金が個人とは段違いですので、しっかり利益を計上し、何重もの税金を支払っていることでしょう。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるのが得策ですね。

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今となっては身に付けることのなくなった貴金属を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

主な買取対象といえば金ですね。

24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。

買取となればそれより若干安くはなるものの、だとしても十分、思った以上の値段で手放すことができるでしょう。

不況の影響か、金買取の相場が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、確定申告が必要なケースが出てきます。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。