読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショック以降、手持ちの金を売却した

リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、市場の拡大に合わせて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。

最近、金の価値が上がっています。

金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

ニセモノの金でなければ、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントという印です。

純度が高いか低いかにより、販売や買取における価格が大きく変わるのです。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は色々な店舗で貴金属の買取サービスを行っているようです。

一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。

自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始める事例が現在では多くなっています。

金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。

金製品を売りたいという方は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどの話は昔からよく聞かれます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。

金の買取を業者に依頼するにあたって必ず気にしなければならない点としては、買取価格の相場を把握することに尽きます。

安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最適のタイミングで買取に出しましょう。

実際の買取額は、申込時の相場で決定されるのが原則です。

上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。