金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

今は金の価値が上がっている時代です

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、今では飽きてしまったなどの理由でもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、お近くの金買取店で売却することもできます。

でも、ここで落とし穴があります。

自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。

そのようなケースでは、運が悪かったと思って諦めることです。

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

近年、一般的になってきた金買取。

しかしその利用において注意すべきは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。

買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく調べてから利用しましょう。

昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は買取を依頼するべきではありません。

買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。

見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、事前に入念に確認することが大事です。

原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。

未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店が独自に制限を課している場合があり、成人しない内は、古物売買の利用はできないところがほとんどです。

また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。

昔は使っていたけど今は不要だという貴金属があれば、買取に出すのも手です。

ただし、同じ量の金でも店によって価格は変わるので、ネットで事前に情報を調べて慎重に店を選びましょう。

高価な品物であればあるほど、そのぶん買取額の差も大きなものになります。

ですので、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。