読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近、国際価格の高騰に伴って金の

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が次第に上がってきているので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、原則としては、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。

インゴットなどの地金を売却した際の利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかからないということになります。

ずっと前から使わなくなってしまった指輪などの金製品を持っている人は、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって価格は変わるので、ネットで事前に情報を調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。

高価な品物であればあるほど、買取総額はかなり変わってきますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。

金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。

一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、どんなによくできた偽物でも、本物の金でないことはすぐにわかります。

要らなくなった金のアクセサリー等を買取に出す際は、次のことに気をつけてください。

同量の金を買取に出す場合でも、店舗ごとの基準によって、実際に自分が受け取れる金額はそれぞれ異なっていることです。

ですから、事前にホームページなどで情報収集し、どの店に売却するか真剣に考えるのがいいですね。

近頃は、実に多くのお店が金の買取をしていますから、昔より利用を検討しやすくなりました。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。

お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、他と比較検討しないままお店を決めたら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。

ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。