読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

もう要らなくなった貴金属のアクセサリーをお持ちの方

もう要らなくなった貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。

とはいえ、店舗ごとに買取金額は大きく違ってくるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、高額買取している店を探してみるのが吉ですね。

特に、売りたいものが多い場合、そのぶん買取額の差も大きなものになります。

ですので、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。

貴金属買取を扱うお店では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。

一般に、金買取という言葉からは、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。

金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。

形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などだって値段をつけてもらえるのです。

手元の金製品を処分したいといっても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。

WEB上で簡単に申し込みできます。

まず、お店から品物用のパックが届きます。

そうしたら、査定してほしい品物を入れて送り返します。

何日かすると、メールで査定額を教えてもらえるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、振込でお金が支払われます。

簡単ですね。

十年以上にわたって使用していない金の装飾品はどなたにもあるかと思われます。

知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、専門のお店で売却することがいいのではないでしょうか。

「高価買取」などの看板を掲げたお店も街頭、ネット問わず多いですから、手持ちの金製品がいくらになるか一度見てもらうのもいいでしょう。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、金の純度を示す刻印を見てください。

一般に流通している金製品には、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントというのが一定の目安になります。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により買取額は大きく変動してきます。