金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金に

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。

中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。

すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるわけです。

にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、続きを聞いてみたくなりました。

いわく、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、ずっと身に付けていない品があったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。

それなら色々あったなあと思って、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

金買取がメジャーになった現在では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を取り扱うようになりました。

街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるケースが増えてきています。

専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。

家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、専門店と並んで有力な候補になります。

年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

買取店であれば、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、多額の税金を納めていることと思います。

その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくのもいいでしょう。