金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショック以降、不要になった金

リーマンショック以降、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

要らないものを買い取ってもらえるのだから、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。

都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。

実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。

ネットを通じて買取をしてもらう時は、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。

できる限り高額で手放すためには、念入りに業者を探さなければなりません。

査定にかかる手数料や、目減りによる減額が引かれないところも多いですから、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、続きを聞いてみたくなりました。

色々と聴いてみたら、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、今は使っていないものがあったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。

丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、利用してみてもいいかなと思いました。

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をすると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、強引に金製品の売却を迫るという迷惑な事例があります。

これは訪問購入と呼ばれます。

買取価格が通常に比べて異様に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。