読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれ

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金の買取で課税されることなどないでしょう。

お店のほうでは、動いているお金が個人とは段違いですので、利益分を届け出て納税しています。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

そうは言っても、法律が変わることもあるので、お店の人に確認してみるのが得策ですね。

貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかは普段意識することがないでしょう。

基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。

その理由には、元々の埋蔵量の少なさの影響があります。

プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。

これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。

普段意識しないことですが、我々の周囲には必需品の中に隠れた金がそこかしこに潜んでいるものです。

その代表的なものが金歯です。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。

タナボタ感覚でのお小遣いも夢ではないので、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、買取店に持ち込んでみるのも一興です。

金やプラチナなどの買取ショップでは、トラブルを避けるため、年齢制限が原則としてあります。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうのが一般的です。

ごくまれに、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。

ですが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。

しかし、たとえ親の同意があっても、高校生ならやはり買取は不可能です。

最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は古物営業法青少年健全育成条例に基づき、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。

さらに、取引の安全を守る意味でも、お店にもそれぞれの決まりがあり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、買取を断られることが多いようです。

また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。