読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、金の純度を示す刻印を見てください。

市場において金の純度を証明するため、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。

もちろん、この純度が何%であるかによって買取額は大きく変動してきます。

長年身に付けていない貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。

しかし、どこの店舗に持っていくかによって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。

たくさんの商品を売る場合は特に、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、店の選択には注意しましょう。

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、ネットを通じて郵送で買取を進める場合でも、やはり本人確認は必要です。

買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することを求められる場合が多いですね。

金買取では売る側にも責任が生じます。

そのため、18歳未満は、古物営業法という法律の定めるところにより、単独で買取サービスを利用することができません。

未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店が独自に制限を課している場合があり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、単独では利用できないのが一般的でしょう。

また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参がなければ買取してもらえません。

最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは多種多様な品物の買取を受け付けてくれます。

金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、投資目的の地金にばかり考えが至りがちですが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。

メガネや金歯などもその一例です。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。